スポンサーリンク

警察官のお金の使い方

警察官は、経済的にはすごく安定していて魅力があります。

ただ使う暇がないことも多く、警察官になると寮生活になるため使えるお金がどっと増えます。

ですので、お金に関しては無頓着になりがちと思います。

私や同期は以下のように使っていました。



警察学校入校中

入校中の必要な出費としては警察官のお金の貯めやすさの記事でも挙げていますが、ジャージや授業で使うもの、売店での買い物、免許取得代が多いです。

そして、あとは警察学校あるあるだと思いますが、外出時の食事代や嗜好品にかなりお金をかけることが多いです。

外出したら寿司やステーキを食べたり、一切れ500円のケーキをたくさん買ってきて、ストレスを解消するようにお腹を満たしていました。

人生で一番贅沢していた時期だと思います。

外出してからの食事しか楽しみがないんですよね。

ちなみに、そこのケーキ屋は警察学校から徒歩圏内にある市内でも有名な店でしたが、私が警察学校を卒業した2年後に2店舗を出店していました。

警察学校生はかなり貢献していたと思いますね。

私はやりませんでしたが、朝から外出して夜までパチンコをしにいっていた同期もいました。

警察学校近くの飲食店やパチンコ屋でスーツのボウズがいたら、多分警察学校生ですので、温かい目で見てやってください。

警察署に卒配後

卒配後は、だいたい皆さんクルマを買うと思います。

警察学校にクルマのカタログや雑誌を持ってきていた人が何人かいました。

私は、卒配後は70万の普通車を一括で買いました。

大したクルマではありませんが、他の人はコンパクトカー、中古のセダンを買っている同期が多かったです。

なかには、すぐに車を買わず1年~1年半程自転車通勤で貯金をしてからランドクルーザープラドやアウディA4を買った強者もいます。

私は、最初に買ったクルマを2年程乗った後、更に貯金して今度は一回り大きめの普通車を一括で買おうとしましたが、上司の指示で三分の一だけローンにして購入しました。

(かなり前倒しで返済してしまいましたが。)

食事に関しては、勤務の日は昼夜出前またはコンビニ弁当を買うことが多かったです。

非番の朝は事案や立番、書類整理で朝食を食べる時間はほとんどありません。

しかし、それだけに非番の業務が終わると若い人が集まると食べ放題に行ったり、近くのステーキ屋に行ったりと食べることにはお金をかけていました。

お酒の飲み方と同じで質より量、という感じです。

好きな人は、その後パチンコ屋に行くことも多かったようです。

警ら中、パチンコ屋の駐車場に行くとたまに同期のクルマを見かけることがあります。

また、非番の夜や公休の夜に寮にいると、先輩や後輩と酒を買いに行って宅配ピザを頼んだりしてちょっとしたパーティーみたいになることもしばしばありました。

外に飲みに行くのは飲酒届が必要なので基本的には自粛することが多かったのですが、合コンやクラブに行くときは内緒で出動、という状況です。

現実的には、書類の残務整理や捜査に当てられていたりして、外に遊びに行くのはなかなか難しいことも多いのですが。

まとめ

クルマを買ったら、あとはギャンブル・食事による出費が主で趣味に使うことは余暇の時間や業務量からして厳しいところがありました。

警察学校に入校すると、初日か二日目あたりに警察共済組合やその周辺団体から財形貯蓄や保険の斡旋があり、ほとんど全ての警察官はこれに加入しているので、将来を見据えて積極的に貯金をしている警察官はあまりいないと思います。

お金の使い方については非常にヘタですが、環境柄仕方のないことかもしれません。